道路下で集中豪雨対策 樹脂製滞水材アクアロード®道路下で集中豪雨対策 樹脂製滞水材アクアロード®

アクアロード®とは

「アクアロード」は近年多発する急激な豪雨<ゲリラ豪雨>による道路の冠水対策として開発された樹脂製滞水材です。日本の道路は整備が進み、都市部は開発によりアスファルトで覆われ、雨水が浸透する地面が減少していることから、道路の冠水被害が発生しています。そこで当社は、EPS土木工法で培った技術を活かし、道路下でも雨水貯留槽として対応可能な「アクアロード」を開発しました。