用途用途

「アクアロード」は雨水の貯留や利用等、河川や下水への流出抑制に寄与する樹脂製滞水材

「アクアロード」は近年多発する局所的で急激な豪雨<ゲリラ豪雨>による道路の冠水対策として開発された樹脂製帯水材です。
日本の道路は整備が進み、都市部は開発によりアスファルトで覆われ、雨水が浸透する地面が減少していることから、道路の冠水被害が発生しています。そこで当社は、EPS土木工法で培った技術を活かし、道路下でも雨水貯留槽として対応可能な「アクアロード」を開発しました。

道路冠水対策ゲリラ豪雨から道路等の冠水被害を軽減できます。

近年多発している局所的な豪雨<ゲリラ豪雨>の雨水を、「アクアロード」により構築した道路下の空間に逃すことで、道路の冠水被害を軽減できます。
特に、道路アンダーパスなど雨水が集まりやすい道路に適しています。

事例

流出抑制集中豪雨による雨水を一時的に貯めて、急激な河川増水の軽減に役立ちます。

雨水を一時的に貯めることにより、集中豪雨時の浸水被害や急激な河川の増水を軽減できます。

事例

雨水利用防火水槽・アメニティ/生活用水・工業用水に利用できます

内部空間に貯めた雨水を、緑化対策や防火用水などへ利用することが可能です。